育てられる野菜:トマト

トマト

トマト

長生地区では、一宮町・白子町・長生村を中心にトマト栽培を主体とした施設園芸が営まれている。トマト栽培には、「土地栽培」と「養液栽培(水耕栽培、固定培地栽培、培地栽培)」があり作型は表1のとおりです。

温暖な気候を利用して生産された美味しいトマトは、「長生(ながいき)トマト」のブランドで1年間を通じて切れ目なく出荷されています。現在の栽培面積は約36.5ha、生産者数123名(JA長生施設野菜部会員)です。

収穫されたトマトは、JA長生施設野菜部会が一元集出荷体制を確立するとともに、農家の労力軽減と経営合理化を目的に設立した「グリーンウェーブ長生」の選果場を利用して京浜市場に出荷されます。

ここでは、光センサー搭載のパン式選果機による自動ロボット箱詰め装置6基が稼働し、トマト、キュウリ、マスクメロン、梨を対象に産地の維持・拡大に貢献しています。

トマトは年間4,000t(100万ケース / 4kg)の出荷を目指しています。

表1

トップに戻る